肥前さが幕末維新博覧会

肥前さが幕末維新博覧会まで

あと
MENU
朝鮮通信使から絶賛された、才能豊かな儒学者

草場 佩川

朝鮮通信使から絶賛された、才能豊かな儒学者

  幼い時から非凡で、博学多芸。地元の東原庠舎、藩校弘道館を経て、昌平坂学問所の儒官古賀精里に師事。24歳で朝鮮通信使の応接に随行した折、一行から書画や詩文を絶賛され、一躍有名に。後に弘道館の教授となり、大隈重信、副島種臣、大木喬任、江藤新平らを育てた。
写真:草場佩川作「雪中竹図」多久市郷土資料館所蔵