SPOT 1

名君・鍋島直正と直正を支えた賢人たち

鍋島直正

公益財団法人鍋島報效会蔵

鍋島直正

(なべしま なおまさ)

1814-1871

佐賀藩10代藩主。1830(天保元)年、17歳(満15歳)の若さで家督を継ぎ、藩政改革を推進。古賀穀堂の意見を取り入れ、藩校「弘道館」で大胆な教育改革を推進。また重臣との協力体制の構築に力を注ぎ、鍋島茂義などを重用して西洋の科学技術を積極的に導入した。人材の育成と適材適所への配置により佐賀藩を雄藩へと躍進させた。