SPOT 5

日本の近代建築の先駆者

辰野金吾

©九州工業大学

辰野金吾

(たつの きんご)

1854-1919

建築家、教育者。唐津市出身。唐津藩の英学校「耐恒寮(たいこうりょう)」で高橋是清(これきよ)に学んだ後、1873(明治6)年、工部大学校(現 東京大学工学部)に入学、同期生の曾禰(そね)達蔵らとイギリス人建築家ジョサイア・コンドルのもとで西洋建築を学んだ、日本人初の建築家の一人。イギリス留学を経て、1884(明治17)年に工部大学校教授に就任し、多くの建築家を育てる。また、造家学会(現 日本建築学会)を創設するなど、建築界の発展に努力した。銀行やホテルなど200余りの建築設計に携わり、国の重要文化財である日本銀行本店、東京駅などの代表作を残している。