SPOT 11

知的障がい児教育・福祉の先駆者

石井亮一

社会福祉法人滝乃川学園蔵

石井亮一

(いしい りょういち)

1867-1937

社会事業家。佐賀市出身。熱心なクリスチャンで、立教女学校教頭の時に発生した「濃尾大震災」で両親を失った少女たちを引き取り、1892(明治24)年、東京下谷に「孤女学院」(仮宿舎)を開設。翌年、滝野川村に院舎を建設し、本格的に運営を始める。引き取った少女たちの中に知的障がい児がいたため、知的障がい児教育の必要性を深く感じ、教育法などを学ぶために渡米。帰国後、同院を「滝乃川学園」に改め、日本初の知的障がい児教育を本格的に始める。妻筆子とともに知的障がい児教育・福祉に生涯を捧げた。